ずみかんブログ

看護師が生活に役立つ豆知識を教えます

夏企画!病院で本当にあった怖〜い話し②👻

f:id:zumi_365day:20210827202244p:plain

看護師5年目の『ずみかん』です🍊

病院って色んなモノが集まりやすい…そんなイメージを持っていませんか?

 

特にお盆なんて…

 

病院には個室が幾つかありますが、私は個室が苦手です。

私は見えない人ですが、何か嫌な感じがする部屋というのはなんとなく分かります。

 

そんな私が、体験した本当にあった怖い話をお伝えします。

子供がいる部屋

私は【特室】*1が苦手です

 

広すぎるのが嫌というのもありますが…

なんとなく変な感じがします

 

その日は手術の患者さんが多く忙しい夜でした。

 

夜勤として勤務していたのですが

受け持ち患者さんが真夜中にせん妄*2状態となりました

 

術後の回復に必要な管類を引きちぎり

殴る蹴るなどの大暴れ

80代の女性の力とは思えないほどでした

 

汚い言葉で看護師を罵り…

大部屋だったのでその方は個室へ移動となりました

 

それが例の【特室】です

 

安静期間中だったため

やむを得ず体幹抑制

 

抑制をされていても

その方は起き上がり罵りをやめませんでした

 

数時間だった頃でしょうか

 

静かになったため部屋を覗くと

外を見つめてジーッと座っていました

 

子供がいる…外に子供がいるから入れてあげて…

 

と突然話し始めました

もちろん誰もいません

窓の外にいるなんてことはあり得ないんです

 

だって…

 

ココは5階ですよ?

誰も立てるはずないじゃないですか…

 

嫌な感じのする部屋だと思っていたため

一層怖さが増しました

 

その方は朝方にはやや落ち着きを取り戻し

私は勤務が終了したのでそのまま帰宅しました

 

別日の夜勤

 

その日もせん妄状態になった女性がいました

 

あの日と同じで大声で怒鳴り散らし

看護師を罵っていました

 

大部屋だったので同じく【特室】へ移動

 

やはりしばらくすると落ち着き

その方はベッドの足元を見ていました

 

子供が…さっきまでそこにいたの。どこのうちの子かしら?

 

ゾッとしました

 

前回は窓の外にいた子供が

今度は中に入ってきたのかと…

 

その後も、せん妄状態になった方を

例の【特室】へ入れると

必ず子供が見えるようでした

 

私はもう気にしないようにしています

せん妄状態の特有な症状なのだと言い聞かせています

 

そうしないと…

もう【特室】には入れない気がするんです

 

終わりに

いかがでしたでしょうか?

実はこの話…現在の職場での話です

 

正直、もうその部屋は慣れてしまいました

 

でも真夜中のラウンドはドキドキしますね😇

 

真夜中のナースコール事件も良い思い出です…

zumikan.com

 夏が続く限り、夏企画を定期的にアップしていきます。

 

最後まで観てくれてありがとうございます✨

また次の記事でお会いしましょう〜!

*1:特室とは特別室のことで、通常の個室よりも設備が整っており高額な部屋となっている。個室が満室の場合にはこの特別室に誘導されることもある。その際には必ず本人・または家族の同意を事前に得ている。

*2:せん妄とは様々な要因によって引き起こされる、一時的な混乱状態のこと